「世界一危険な浜岡原発の再稼働はゼッタイに許さない」の世論を広げよう!
みんなで「11・19ひまわり集会 in静岡」に参加しよう!

新着情報

いま、自治体の現業職場では、「集中改革プラン」や「現業合理化」により正規職員が大幅に削減され、深刻な人員不足に苦しんでいます。 総務省は自治体の現業職員が日々住民に提供している業務の本質を見ようとせず、「誰が担おうと同じ ... 続きを読む →

10月22日におこなわれた総選挙の結果、自民・公明・希望・維新などの改憲勢力が4分の3の議席を確保し、今後ますます改憲の議論が加速されようとしています。安倍首相はこの特別国会で改憲案の提出をねらっており、早ければ来年の通 ... 続きを読む →

安倍政権は「働き方改革推進法案」の国会提出をねらっています。安倍政権が掲げる「同一労働同一賃金」とは、「人材活用の仕組みなどが違えば賃金格差を容認する」という内容であり、政府が法律で労働者の格差を認め、固定化をねらうもの ... 続きを読む →

安倍自公政権のもとで、国民の格差と貧困はいっそう深刻化しています。労働者の約4割が非正規雇用を余儀なくされ、低賃金と不安定雇用に苦しんでいます。さらに年金の引き下げや社会保障の切り捨てなどで、国民のくらしは悪化するいっぽ ... 続きを読む →

10月23日(月)、静岡自治労連は、御殿場市当局に対し、「17確定闘争 自治体首長申し入れ」をおこないました。 御殿場市側からは、勝又副市長以下2人が対応し、静岡自治労連が提出した統一要求書の5つの重点要求について、労使 ... 続きを読む →

10月21日(土)、「第21回静岡地方自治研究集会」が静岡市内で開催されました。自治体公務公共関係労働者など、全体会・分科会をあわせて、のべ94人の組合員・県民が参加し、国政や県下の地方自治の課題について学習と討論を深め ... 続きを読む →

生活改善につながる給与改定、臨時・非常勤の処遇改善、長時間労働の是正などを求める自治体首長申し入れも中盤に差し掛かっています。 10月18日(水)に浜松医療センター、浜松市社会福祉協議会、浜松市、島田市を訪問し、賃金確定 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2017 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)