新着情報

中央最低賃金審議会は、7月26日、厚生労働大臣に2018年の地域別最低賃金改定の基礎となる引き上げ目安を答申。平均3.1%、同26円の引き上げを示しました。 この答申を受け、静岡自治労連、静岡県評、静岡県評パート臨時労組 ... 続きを読む →

2011年3月11日の福島原発事故を契機に、浜岡原発の再稼働に反対する多くの団体の結集で、「浜岡原発の再稼働を許さない静岡県ネットワーク」(略称:県ネット)が結成されました。 今年の県ネット総会では、「原発事故で奪われた ... 続きを読む →

夏季闘争の最大山場である18人事院勧告に向け、7月25日(水)、全労連などに結集する公務・民間労組の仲間が結集し、「7・25中央行動(第3次最賃デー)」が東京・霞ヶ関で取り組まれました。猛暑のなか、全国から1200人(静 ... 続きを読む →

森友・加計学園問題や財務省の公文書改ざん、自衛隊日報の隠ぺいなど、この間、安倍政権のもとで大きく歪められた行政のあり方、公務労働のあり方を見直すことが強く求められています。 こうしたなか、今年で第22回を迎える静岡地方自 ... 続きを読む →

静岡県公務・公共業務労働組合共闘会議(静岡県公務共闘)は、7月9日の人事院中部事務局要請に引き続き、7月17日(火)に静岡県人事委員会に対し、2018年人事院勧告における要請行動に取り組みました。 静岡県公務共闘からは、 ... 続きを読む →

静岡自治労連は、7月14日(土)、静岡市内において2018年定期大会を開催し、新年度の運動方針と役員体制を確立しました。 冒頭あいさつで林執行委員長は、この間の集団的自衛権行使容認・戦争法強行にはじまる安倍9条改憲の流れ ... 続きを読む →

静岡県公務・公共業務労働組合共闘会議(静岡県公務共闘)は、7月9日(月)、来る2018年人事院勧告において、すべての公務労働者、公務公共関係労働者の賃金引き上げ、処遇改善につながる勧告をおこなうよう、人事院中部事務局に対 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2017 - 2018 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)