新着情報

静岡自治労連は、来る18国民春闘を見据え、12月17日(日)に「18国民春闘討論集会」を静岡市内で開催しました。各単組から役員を中心に88人が参加。記念講演や特別報告、分散会の討論などを通じて、18国民春闘における静岡自 ... 続きを読む →

10月22日におこなわれた総選挙は、自民党・公明党が3分の2の議席を確保し、改憲勢力全体が衆議院の4分の3の議席を占めたいっぽうで、全国各地で野党共闘が成立し、立憲野党の結束が強まる結果となりました。静岡県においても、「 ... 続きを読む →

11月19日に開催された「浜岡原発の再稼働を許さない11・19ひまわり集会in静岡」は、県内外から1500人が参加し、「世界一危険な浜岡原発の再稼働は反対」の思いを大きくアピールしました。 「11・19ひまわり集会in静 ... 続きを読む →

10月22日の総選挙は、民進党の事実上の解党、希望の党の結成など、様々な混乱のなか、自民党・公明党が3分の2の議席を確保し、希望の党・維新の会を含めた改憲勢力全体が衆議院の4分の3の議席を占めることになりました。今後、国 ... 続きを読む →

11月24日(金)、静岡自治労連は、地域手当による賃金の地域間格差をなくし、国の退職手当削減を地方に押し付けることがないよう、静岡県市長会・静岡県町村会長に要請を行いました。静岡自治労連からは林委員長、青池書記長など3人 ... 続きを読む →

10月22日投開票でおこなわれた総選挙の結果、自民、公明、希望、維新などの改憲勢力が衆議院の議席の4分の3を占めることになり、国会で改憲に向けた動きが加速しています。早ければ2018年中にも国民投票の実施がねらわれていま ... 続きを読む →

安倍政権は「働き方改革」と称して、いま以上の長時間残業・過密労働を容認するしくみを法制化しようとしています。 その内容は、繁忙期は過労死ラインを超える「月100時間未満」の残業を容認し、残業代ゼロの「高度プロフェッショナ ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2017 - 2018 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)