行事案内

【5月13日】第56回静岡県母親大会 in富士宮

カテゴリー:

タグ:

event-20180513-1のサムネイル静岡県母親大会は、「生命を生みだす母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます」のスローガンを掲げ、憲法に励まされながら、毎年開催されています。56回目となる今年の大会は、富士宮市で開催されます。
母親大会は、1954年3月1日に米国がビキニ環礁でおこなった水爆実験により、焼津のマグロ漁船・第五福竜丸をはじめ多くの漁船やマーシャル諸島の島民たちが被ばくしたビキニ被災をきっかけにはじまりました。広島・長崎に次ぐ三度目の被災に、日本の母親たちは「核戦争の危機から子どもを守ろう」と立ち上がり、第1回日本母親大会が開催されました。
昨年7月、国連で核兵器禁止条約が圧倒的多数の国の賛成で採択され、各国で署名・批准がすすむなど、世界は「核兵器のない世界」へ向けて大きく歩みはじめています。いっぽうで、唯一の戦争被爆国でありながら、条約に加わらない日本政府の姿勢が問われています。
また、安倍政権は自衛隊を憲法に書き込んで、9条2項の平和条項を空文化し、自衛隊を海外の戦争に参加できるようにする9条改憲をねらっています。こうしたなか、武力ではなく平和憲法を世界に広げ、真の国際平和につなげていくことが求められています。
一人ひとりの命と人権が大事にされる、民主的で平和な社会の実現をめざして、集まって話しあい、励ましあって行動しましょう。ふるってご参加ください。

日 時  5月 13日(日) 10時00分~16時00分
場 所  富士宮市内
内 容  10時00分~ 分科会(子育て・教育・暮らし・食・平和など17分科会)
      会場:富士宮市民文化会館、富士宮西公民館、駅前交流センター きらら
     13時30分~ 全体会(記念講演、各地の運動報告など)
      会場:富士宮市民文化会館(富士宮市宮町14-2
主 催  静岡県母親大会連絡会
開 催  第56回静岡県母親大会実行委員会、富士宮母親大会実行委員会
参加費  1000円(高校生以下無料)

お問い合わせは、静岡自治労連または静岡県母親大会連絡会または実行委員会まで。

▲ このページの先頭にもどる

© 2017 - 2020 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)