活動報告

コロナ禍だからこそ労働者の賃上げと福祉の向上をめざそう―春闘決起集会後「いのち署名」ハガキ5000枚配布

カテゴリー:

タグ:

静岡市・青葉イベント広場にて

国民春闘静岡県共闘会議は、2月21日(日)、21春闘勝利をめざす決起集会を静岡市・浜松市で開催しました。

静岡市・青葉イベント広場で開催された集会には県中部・東部から約70人が参加し、集会とスタンディングアピール、また、自治労連「国民のいのちと健康を守るための国会請願署名(いのち署名)」ハガキのポスティングを実施しました。
集会では、県国民春闘共闘会議の菊池議長(静岡自治労連委員長)があいさつ。「労働者と国民の団結で格差をなくし、8時間働ければ誰もが人間らしく暮らせる社会をつくることが、コロナ危機を克服し希望の持てる社会にできる」と、コロナ禍だからこそ賃金引き上げ・底上げの必要性と、400兆円を超える大企業の内部留保の活用をうったえ、「コロナ禍だからこそ賃上げのたたかいに確信をもって総決起していこう」と呼びかけました。

集会終了後、「いのち署名」ハガキをポスティング

あいさつに駆けつけた県商工団体連合会の西野副会長は「コロナで倒産が相次いでいる。賃上げしてもらわないと困る」と労働組合を激励。日本共産党のしまづ前衆議院議員は「8カ月以内に開催される総選挙では、野党共闘で国民の願いを実現する政治に変えていくために頑張る」と労働者との連帯を決意しました。
集会終了後、参加者はスタンディングアピールと「いのち署名」ハガキのポスティングに分かれ、お昼まで取り組みました。スタンディングアピールでは思い思いのプラスターを掲げ、生計費を軸とした賃金の大幅引き上げ、最低賃金全国一律制度の確立を実現しようと街頭でうったえました。「いのち署名」ハガキは24人で2200枚を静岡市立病院周辺地域にポスティングしました。

同日、浜松市・東ふれあい公園で開催された集会には県西部から約100人が参加しました。
こちらも集会終了後に「西部地域の医療を守る会」メンバーが集会参加者に「いのち署名」ハガキの配布を呼びかけ、全員の協力のもと50セット・2800枚を配布しました。

浜松市・東ふれあい公園にて

▲ このページの先頭にもどる

© 2017 - 2021 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)