行事案内

【2月16日】浜岡原発廃炉・日本から原発をなくす静岡県連絡会第7回総会

カテゴリー:

タグ:

event-20200216-1のサムネイル浜岡原発廃炉・日本から原発をなくす静岡県連絡会(通称:原発なくす静岡の会)の第7回総会が、2月16日(日)に開催されます。
あわせて、福井地裁の裁判長として2014年5月に大飯原発3・4号機の運転差止め判決、2015年4月には高浜原発3・4号機の運転差止の仮処分決定を出した樋口英明氏を講師に、「大飯原発差し止め訴訟から学ぶ」と題した記念講演がおこなわれます。
「豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失である」と、樋口氏自らが記した大飯原発3、4号機運転差止請求事件判決要旨は、日本から原発がなくなることを求めるすべての国民に勇気と感動を与えました。浜岡原発の原子力規制委員会による新規制基準適合性審査がヤマ場を迎えるもとで、世界一危険な浜岡原発の再稼働をなんとしても阻止する運動は新たな局面を迎えます。原発のない、安全・安心の日本と静岡県をつくるため、ごいっしょに学び、考えましょう。

日 時  2月 16日(日) 13時30分~
場 所  静岡市東部勤労者福祉センター「清水テルサ」7階 会議室
      静岡市清水区島崎町223
内 容  記念講演
      演題 「大飯原発差し止め訴訟から学ぶ」
      講師 樋口英明(元福井地方裁判所裁判長)
     原発なくす静岡の会総会
参加費  無料(記念講演はどなたでもご参加いただけます)

お問い合わせは、静岡自治労連または静岡県評まで。

▲ このページの先頭にもどる

© 2017 - 2020 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)