活動報告

富士山を正面に望む富士川河川敷で、8チームが熱戦を繰り広げる―「静岡自治労連男子軟式野球大会」

カテゴリー:

タグ:

浜松市職(守備) 対 静岡市労連(攻撃)

静岡自治労連・自治労連共済静岡県支部は、8月、静岡市・富士川河川敷スポーツ広場において、2018年男子軟式野球大会を開催しました。今年の大会には各単組から8チームがエントリーし、東海北信ブロック大会出場の切符をかけていずれも熱戦が繰り広げられました。

8月11日(土)には1回戦4試合がおこなわれました。
第1試合は浜松市職チームと地元・静岡市労連チームが対戦しました。静岡は初回、福與選手の先頭打者ランニング本塁打を皮切りに一挙5点を奪うと、つづく2回にも8点を奪い、大量リードで浜松を突き放しました。浜松も2回と3回にそれぞれ1点ずつ返しますが及ばず、2-13で静岡が勝利しました。

島田市労連(攻撃) 対 浜松医療センター労組(守備)

第2試合は昨年の優勝チームである島田市労連チームと浜松医療センター労組チームが対戦しました。島田は2回に1点、3回に3点、4回に4点、5回に2点と得点を重ね、着実にリードを広げていきます。対する浜松医療は4回に2点を返すものの、そのまま10-2で島田が勝利しました。

第3試合は熱海市職連チームと御殿場市労連チームが対戦しました。初回、熱海が1点先制するとすぐさま御殿場もランニング本塁打で同点に追いつくなど、序盤は一進一退の攻防。御殿場は2回裏にも1点を奪い一時リードしますが、つづく3回表に熱海が一挙6点を奪って逆転に成功。さらに4回、5回にもそれぞれ5点ずつ追加し、御殿場を突き放します。御殿場は5回裏に1点を返し意地を見せますが、反撃もそこまで。17-3で熱海が勝利しました。

熱海市職連(攻撃) 対 御殿場市労連(守備)

第4試合は下田市職チームと伊東市職労連チームが対戦しました。下田は初回にいきなり5点、2回にも2点を奪うなど、序盤から猛攻を仕掛けます。対する伊東は1回に2点、2回に2点、3回に1点、5回に2点と小刻みに点を返していきます。両チーム一歩も引くことなく同点で迎えた最終回、伊東の向中野選手が劇的なサヨナラランニング本塁打を放ち、7-8で伊東が勝利しました。
これで1回戦4試合がすべて終了し、ベスト4が出揃いました。

下田市職(攻撃) 対 伊東市職労連(守備)

▲ このページの先頭にもどる

© 2017 - 2018 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)