行事案内

【9月22日】第22回静岡地方自治研究集会

カテゴリー:

タグ:

jichiken_ws2018_bill_bのサムネイル森友・加計学園問題や財務省の公文書改ざん、自衛隊日報の隠ぺいなど、この間、安倍政権のもとで大きく歪められた行政のあり方、公務労働のあり方を見直すことが強く求められています。
こうしたなか、今年で第22回を迎える静岡地方自治研究集会では、文部科学省前事務次官の前川喜平さんを講師にお招きし、モリカケ問題を通して公務労働のあるべき姿について縦横に語っていただきます。
また、特別報告では、浜岡原発、リニア中央新幹線、浜松市水道事業コンセッションの問題など、静岡県が抱える地方自治の課題について各団体から報告いただきます。
静岡県の地方自治の課題について、みんなで考えていきましょう。

日 時  9月 22日(土) 13時30分~16時30分
場 所  もくせい会館 富士ホール
      静岡市葵区鷹匠3-6-1
内 容  13時45分 記念講演
           演題 「どうあるべきか『公務労働』
                 ―『モリカケ』問題を問う」
           講師 前川 喜平(文部科学省前事務次官)
主 催  第22回静岡地方自治研究集会実行委員会
参加費  無料
その他  参加には事前申し込みが必要です(先着順)

お問い合わせ・申し込みは、静岡県地方自治研究所または静岡自治労連まで。

▲ このページの先頭にもどる

© 2017 - 2018 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)