活動報告

労働者の祭典「第89回静岡県中央メーデー」開催

カテゴリー:

タグ:

5月1日(火)、労働者の祭典「第89回メーデー」が、静岡市・浜松市など県下10カ所で開催され、静岡自治労連からも多くの組合員が各地のメーデーに結集しました。

静岡市葵区・駿府城公園で開催された「第89回静岡県中央メーデー」には300人が参加。はじめに主催者を代表して静岡自治労連の林克委員長(静岡県評議長)が、「アベノミクスによる労働法制緩和によって労働者は苦しんでいる。それに追い打ちをかける残業代ゼロや100時間の過労死合法化は許せない。安倍内閣退陣で労働法制の規制緩和にストップをかけよう」と力強くあいさつ。また、社会的な賃金闘争(最低賃金・公契約・公務員賃金)で、首都圏との賃金格差をなくして、若者が希望を持って働ける静岡県にしようと呼びかけたほか、労働者・国民の権利の根源である憲法をないがしろにし、日本を戦争する国にする安倍9条改憲の策動に対し、「3000万人署名でストップをかけよう」とうったえました。
つづいて、自由法曹団静岡県支部事務局長の荻大祐弁護士、市民連合しずおか呼びかけ人の芳賀直哉静大名誉教授、静岡県商工団体連合会の大石秀之会長、日本共産党静岡県委員会の島津幸広前衆院議員、民青同盟静岡県委員会の橋爪春人委員長が来賓あいさつ。また、立憲民主党、静岡県労働組合共闘会議からの連帯メッセージが紹介されました。
集会の最後に、8時間働けば普通に暮らせる賃金と働くルールの確立などを求めた「メーデー宣言(案)を満場一致で採択。
その後参加者はデモ行進に出発し、「安倍内閣はいますぐ退陣」「憲法変えるな政治を変えろ」などうったえながら、市内繁華街を元気に行進しました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2017 - 2018 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)