活動報告

生計費を基準とした賃金制度改善とすべての労働者の大幅賃上げを―「静岡自治労連18春闘要求書」提出

カテゴリー:

タグ:

3月2日(金)、静岡自治労連は、すべての労働者の雇用・賃金・働き方の改善などを求めた、静岡県知事宛て「静岡自治労連18春闘要求書」を県市町行財政課長へ提出しました。
春闘要求書は、「自治体及び自治体関連職場に働くすべての労働者の賃金について、誰でも月額20,000円以上、時間額150円以上の賃上げ」、生計費を基準とした賃金制度改善として「地域の賃金水準改善、賃金格差解消のため、地域手当を改善すること」など、組合員の切実な要求が掲げられています。また、臨時・非常勤職員の処遇改善と2020年度から実施される「会計年度任用職員制度」導入についてなど、喫緊の課題についても改善を求めています。
提出した春闘要求書に基づく、市町行財政課長との交渉は3月19日に行います。

▲ このページの先頭にもどる

© 2017 - 2018 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)